長距離運転.com » 腰痛とヘルニアと腰

腰痛とヘルニアと腰

ヘルニアになると腰痛が起こりますが、下肢にも影響するケースがほとんどです。ですので多くの方は腰痛ではなく足の病気かもしれない、と考えますが、これは仕方のないことです。

しかし、やはり原因はヘルニアが突出し、元からある神経を圧迫してしまうことですので、症状を治すには治療しなければなりません。

また治療といっても、すぐに問題のある部位をマッサージすればある程度治まってくれる、というような単純なものでもありません。

腰周りを直接操作する治療法としては、コルセットや湿布、ブロック注射などがありますが、これらは対症療法の1つでもあり、症状をとにかく抑えるための一時的な手段に過ぎないのです。

では他にはどのような方法があるのかといえば、足を対象にするのでもなく、実際はトレーニングやストレッチなどで全身の筋肉や骨を健康な状態に近づける、というような治療法が多用されることになります。

もちろん患部周囲の筋肉として、背筋や腹筋を鍛えることも必要ですが、かかる体重の負荷を軽減するためには太腿の筋肉を鍛えることが大切です。

また整体院では骨盤の歪みをまず探し、見つかれば骨盤にアプローチすることで患部を消失させるための治療をしていきます。骨盤でも股関節でも、あるいは全身の筋肉のうち固まってしまっている部分を特に重点的に矯正しようと働きかけます。

この状態を治すために手術をする場合、問題点を手術で元にもどすのではなく、患部の問題点そのものを除去しなければなりません。

自然治癒の力は、食事や体操、普段の姿勢の矯正などが主なテーマとなる、根源的な要素のことです。この病気を治療する場合、まずこのように腰に影響している様々な部位や環境などから整備することが大切です。

またこのためには医者任せの治療ではなかなかうまく持続することはできません。