長距離運転.com » フットケアセラピスト

フットケアセラピスト

シューズセラピー、ウォーキングセラピーなど足のケアに関連する専門の仕事があります。名刺の肩書はシューズセラピスト、ウォーキングセラピストなどと印刷されているかも知れません。

これらのプロは特別な資格を持って仕事に携わっているわけではありません。フットケアの専門課程を持っている専門学校や、フットケア通信講座などでシューズセラピー科などを受講して知識や技術を修得すれば仕事につけます。

フットケアセラピストもフットケアのプロのことをいいますが、こちらは民間のフットケア団体が運営しているフットケアセラピスト養成講座を受講して認定を受けないとフットケアセラピストを名刺に印刷することはできません。

しかし国家資格ではありませんので専門学校などでフットケアの知識や技術を専門に学び身につければ「フットケアセラピスト」を名乗ることはできなくても、仕事はできます。

日本のフットケアの技術や知識の主流はドイツ式フットケア・フスフレーゲです。本場ドイツで技術や知識を習得して日本で独自の技術と融合させてフットケアに取り組んでいるところが大半です。

また、フットケアの大切さを世の中に浸透させたいという気持ちからサロンでスクールを運営しているところもあります。本格的に学べば「フスフレーガー」の認定を受けることもできます。
ただしこれは日本の国家資格ではありません。

現代は何でも資格が必要という時代になっていますがそのほとんどが民間で運営しているもので、資格がなくても専門の技術や知識を習得した者であれば仕事に従事できるというものです。

フットケアセラピストは何を習得するのでしょうか。その内容はイギリス式「リフレクソロジー」中国の「メリディアン」「オイルケア」の三つを融合させた新しいフットケア技術を習得し修了試験に合格すると認定証が授与されるということです。