長距離運転.com » ストレッチ体操について

ストレッチ体操について

最近では、生活の中の様々な場面においてストレッチ体操が取り入れられることがあります。ここ数年の健康ブームにより、人々の中で健康に対する意識が高まってきていることも追い風となって、スポーツや医療分野だけではなく健康のために行っているという人も増えてきているのでしょう。

ストレッチ体操や中川式ストレッチングベンチは、それほどスペースを要するわけではないので自宅でも出来ますし、複雑な動きをするわけでもないので、在宅において一人で気軽に出来るというのも人気の理由の一つとなっています。

ただし、その分、好ましくない体操をしていても気がつくことが出来ないという点が問題となっています。そこで、ここではストレッチ体操をする上での注意点について挙げていきます。

まず、最初に挙げられるのは、無理をしないということです。無理に行い、筋肉に対し引っ張る・伸ばすということをしてしまうと、筋肉や腱を痛めてしまう可能性があります。

筋肉の状態や柔軟性などには当然個人差がありますし、男女の身体においても違ってきます。健康のために行い、健康を害してしまっては元も子もないです。他人と競う必要は全くなく、自分に合ったペースで、少しずつでもいいので、継続していくことが大切です。

また、精神状態にも気を配ることが必要です。人間の身体は精神的に緊張状態にあると、それに連動して筋肉も緊張状態に陥ってしまいます。

特に、呼吸を止めてしまうと、筋肉が緊張状態になりやすいので、ストレッチ体操をする際にはしっかりと精神を落ちつけてリラックスをする。しっかりと呼吸をする。といったことが必要です。

同じく効果の向上という点においては、働きかけをする筋肉を意識して行うことが重要です。同じストレッチでも対象とする筋肉の動きを意識するのとしないのとでは大きな差が出ます。