長距離運転.com » 腰椎すべり症とスポーツ

腰椎すべり症とスポーツ

腰椎すべり症の原因は後天的な過負荷によるものと言われていますが、特に発育期のスポーツにおけるオーバーなトレーニングが原因と言われます。また、先天的な腰椎の弱さももちろん関係が深いですが、スポーツによるすべり症の発症は腰椎の弱さにはあまり関係が無いとも言われます。

また、男子に起こる確率が圧倒的に高く、13歳ぐらいに最も多く発症します。すべり症が発生しやすいものの種類としては、野球やバレーボール、バスケットボール、サッカー、柔道、ラグビー、などの、体を捻ったり反ったりすることが多い種目ですべり症が発症しやすく、ストレッチやその他の筋肉をほぐすことが少ないこともすべり症の原因となりがちです。

どの種類でも経験が浅い場合は、必要な動作をうまくまとめることができずに、ついついオーバーアクションしたり、基本とは違った間違った動作をすることが多いのも原因の1つでしょう。

トレーニング後に疼痛などは発症しても、特に治療や検査をせずに、そのまま競技活動を継続するケースも多く、一年以上経過してから痛みが重くなったり、または成人以降まで痛みが無い場合も多くあります。

このようなケースですべり症が判明し治療に入った時点では、すでに足のしびれまでがある、という場合も多く、立ったときにはかがむことも困難になり、ほぼ体幹の動きがある動作は全て不可能、というような状態になることもしばしばです。

腰椎すべり症がここまで進行した場合の治療方法は、まずは一ヶ月程度スポーツを禁止します。その後はストレッチやプールでの水中歩行などを試行し、痛みの度合いをチェックして、軽減するようであればスポーツを再開することもあるようですが、あるいは安静にして癒合を期待することもあります。


成長期にはまだ筋肉や骨も若く、このように癒合の可能性が残されますが、もしも成人以降に治療を開始するとなれば、完治することは期待できなくなります。ですので少年期に早期に痛みが出れば幸運であるということもできます。

脊柱管狭窄症を治すための正しい治療法をご案内しています