長距離運転.com » 家の安全性を向上する

家の安全性を向上する

家の中でも特に事故が多いのは、階段と浴室と言われています。その中でも今回は、階段についてお話したいと思います。急な段差であればリフォームの際に段差を緩くしたり、手摺りをつけたりということが考えられます。

ですが緩やかな段差で、しっかりと手すりがついていても、夜となれば視界が悪くなり、うっかり足を踏み外してしまう可能性が高くなります。

安全性を高めるために、夜になってもしっかりと踏み板の段差がわかるようにするために、LED照明を仕込むというリフォームが考えられます。

また、これと併せて、スリップレス塗装や滑り止めの加工を施すことで、より安全性を向上させよう描投げもあります。

現在の年齢や家族構成だけで考えるのではなく、住んでいる家族の5年後10年後を考えて、加齢の状況や身体の状況をしっかりと考えた設計が必要だということ考える必要があるでしょう。これは階段のリフォームをする上でも、とても重要な考え方です。

今の状態だけを考えて家をリフォームするのではなく、家族の将来像を考えてリフォームをしていくことが重要なのです。そして、階段において考えるべきことは家族が事故に遭わないようにすることなのです。そのためには何が必要なのかしっかりと考える必要があります。