長距離運転.com » 五十肩の経過について

五十肩の経過について

五十肩にも、その症状には経過段階があり、それぞれに治療法も異なります。主に3つの経過段階に分けることができ、発症したばかりの急性期では炎症も強く持続し、つらい痛みも続きます。急性期の一ヶ月から二ヶ月の間は安静が第一です。

五十肩の炎症が強い時期は無理な動作は禁忌になり、できれば三角巾などで腕を吊ったり、腕を体に巻きつけて寝るなどの治療が大切です。五十肩の痛みを我慢し続けるわけではなく、薬物療法によって痛みを軽減させます。

非ステロイド性消炎鎮痛薬の投与や外用薬の貼付などが主ですが、夜間痛がある場合は坐薬も有効です。過度に服用すると胃腸障害が起こることもあるため、局所麻酔薬やステロイド薬などの局所注射も行われます。

五十肩では急性期でも患部の癒着を防ぐために、体操をして慣らすことが必要ですが、もちろん痛みがひどく出るような体操ではなく、できるだけ自然にできるような方法が治療として決定されます。

一般的なものは手に重りを持って振るようにすることで力を入れないようにできる体操があります。痛みが大分軽減してきても無理には動作ができない慢性期では、体操をより積極的に取り入れて肩の動きを改善させます。

慢性期でも完全な状態の可動域を目指すこともあります。また、温熱によってより五十肩の改善効果があがります。逆に五十肩の痛みがぶり返した場合は、冷やしますが、同時に薬物療法を使用する場合もあります。

五十肩の経過段階で最も長いのが、回復期です。痛みや違和感なども少なめになり、控えめながら手や腕、肩も動かしやすく感じられます。薬物はほとんど必要がなくなります。そして、なによりも運動を継続して行って、可動域を正常な状態に戻すことが大切になります。

痛みがほぼ無くて、安心してしまいがちですが、この時期には、特に肩を動かさないと癒着による運動制限がいつまでも残ってしまうことになります。発症前に怠っていたこと、一般に回復のために必要な体操法などを積極的に取り入れることが最も大切です。