長距離運転.com » 腰痛の治療方法

腰痛の治療方法

最もポピュラーな腰痛治療の方法は整形外科で検査を受け、レントゲン写真を撮影し、その結果に応じて腰痛の原因を探っていきます。

ほとんどの症状はレントゲンによってその原因がわかりますが、感染症状などの疑いもある場合はMRIと呼ばれる装置でより詳細を調べます。

この後、症状に合わせて治療をしていきますが、症状が進行してしまった場合を除いては保存療法を用いて患部の自然治癒を試行します。急性期には痛みが強く現れるため、ブロック注射をして痛みを軽減させることもあります。

その他にはコルセットや安静、薬物や理学的療法などを適用します。腰痛に手術をすることはあまり勧められませんが、痛みがまったく変化しなかったり、あるいは早めに社会復帰したいという希望があるという場合は、手術を検討します。

今では内視鏡やレーザーなどの侵襲性の低い術法が人気で、レーザーの場合は日帰りでの手術も可能であるというメリットがあります。

国家資格保有者による東洋的医学の1つが鍼灸です。鍼灸は整形外科での治療と併用するケースも多く、また外科での処置に比べてかなり有効であったという場合も多くあります。

古くから東洋医学として日本に伝わった鍼灸は、日本人の体に合うように施術され、日本全国に多数の鍼灸院が存在しています。鍼灸でのポイントはやはりツボ療法です。

鍼でツボを刺激したり、灸をあてたりすることで広く知られ、体内の気の流れを活発にすることで自然治癒の効果を促す方法です。

これらの他には整体によるものがあります。今では柔道整復術や中医学、そしてアメリカ式のカイロプラクテイックなどの長所をミックスさせて、日本人の体にマッチした施術を採るところが多くなっています。

これらの治療方法をしながら、患者さん自身も腰痛に働きかけていくことが大切です。特に悪い姿勢を矯正し、腰に過度の負担のかかる動作を制限することが求められます。