長距離運転.com » バリアフリーマンション

バリアフリーマンション

近年はバリアフリーは標準化していく動くがあり、マンションでもそういったことを意識している物件もあります。例えば、室内の段差が少なく広く作られていて、さらに手すりも装備されているなど。

これならば、高齢者や障害者が住むにしても苦労があまりないでしょう。しかしながらその配慮がすべて行き届いているとは限りません。

たしかに、専有部分については段差がなくなっていたり、廊下の幅が広かったり、風呂場に手すりがあったり滑りくいタイルをしようされているなど、住みやすくなっているのですが、共有部分までは考慮されていないこともあります。

室内は快適だけれども、室内に行くまでが少し大変だということは十分にある事例です。共有部分については個人でリフォームを行うこともできないので、よく確認することが必要です。

逆に、共有部分がしっかりとバリアフリーになっているものを優先的に探す方がいいかもしれません。リフォームの資金はかかってしまいますが、専有部分であればリフォームなどの工事を行うことが可能です。

出入りが楽なものを探して購入し、室内の足りない部分をリフォームで補う。そんなふうにリフォームを有効活用するやり方も良いかと思います。