長距離運転.com » 椎間板ヘルニアと神経根ブロック注射

椎間板ヘルニアと神経根ブロック注射

椎間板ヘルニアには神経根ブロック注射が治療の役に立ってくれます。この神経根ブロック注射は、抹消神経の根本となっている部分に麻酔の薬と炎症を緩和してくれる薬を直接投与することで、腰痛の痛みをブロックして、かつ圧迫によって発生している炎症も抑えてくれます。

もう少し、詳しく神経をブロックすることを説明すると、神経ブロックは痛みの原因となってしまっている近く神経線維や運動神経線維といった部分の異常な緊張の状態や興奮の状態を除去して、その神経が支配している領域で起こっている痛みを取り除くという治療の方法がブロック注射です。

脊髄から枝分かれしている脊髄の神経は、神経根となって、椎間孔を通り抜けて、脊柱管を出て末梢まで下降していきます。ですので、神経根ブロック注射は神経根に局所麻酔の薬や抗炎症の薬を使って、神経根が支配している部分の領域で起こっている痛みを緩和するのです。

ブロック注射が使われるまでには、神経根造影で神経根の圧迫の状況や走行異常を観察していき、治療として神経根ブロック注射を行なっていきます。

頚神経根ブロック注射は、頚椎症精神根症や頚椎椎間板ヘルニアなどの患者が対象に行なわれるもので、腰神経根ブロックは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症と呼ばれているいわゆる根性坐骨神経痛を訴えている患者が対象になって行なわれています。

ただし、心してもらわなければいけないことがあります。それは、やはり痛い治療法ということです。それ故に、一般的に他の治療方法でよくならないときにこの方法はとられるのです。

ブロック注射をするときの痛みが強いというデメリットが目立ってしまっていますが、神経ブロック注射が効果的なことには変わりありません。一度のブロック注射によって数ヶ月以上の効果が得られているということもあります。そのため、この方法はしっかりと医師と話し合って納得した上で治療してもらいましょう。