長距離運転.com » 接骨院の開業について

接骨院の開業について

接骨院を開業するには、どうしたらいいのでしょうか。基本的には、柔道整復師法に定められている、柔道整復師という資格を取得することが出来れば、独立することが可能となります。

しかし、なにせ、他人の身体を対象として扱う業務ですし、「資格」、「知識」も必要であることは当然ですが、「経験」というものも重要になってきます。

そのため、多くの場合には、柔道整復師の資格を取得した後、既存の接骨院や整骨院、あるいは病院の整形外科、リハビリ施設などで採用を受け、現場での修行を積む場合が多いです。まさにその最前線の場で、将来自分が接骨院を経営していくために必要な「知識」や、幅広い治療技術を実地で学びます。

そして、その「経験」を活かして、独立するケースが多いです。最近の日本においては、高齢化の影響もあってか、柔道整復師を育てる専門学校や大学が増加してきています。

また、独立することが可能な国家資格である柔道整復師も、将来に安定性を求める人たちにおいて人気を集めています。また、昨今の就職難においても、独立が可能なとなる独占された国家資格であるため、資格保持者の安心感は大きいでしょう。

そのため、受験人口も年々増加する傾向となっています。そのため、柔道整復師は需要、人気、ともに高い資格・職業であるといえるでしょう。

また、開業する際には、初期投資のための資金も必要となります。接骨院の建物の確保や必要な機器を購入するためのお金が必要となります。そのため、接骨院の経営が軌道に乗るまでは少なからず苦労があるでしょう。

また、柔道整復師は需要も人気も高まってきているがために、接骨院の競争率も激しくなってきています。一定の患者数を確保するためには、独自のサービスや、「ウチならでは」の他との差別化を図って行かなければならなくなってきています。