長距離運転.com » バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

高齢社会の日本では、バリアフリーに対応する住宅は重宝されています。どんな間取りが誰にでもやさしい住宅になるのでしょうか?まず、玄関は出入りしやすいように段差のないようなものがいいです。

戸建ての住宅などでは、アプローチ部分に少ないですが階段がある住宅がほとんどです。それは家に雨水が浸入しないようにするための段差です。

この段差は、取り外すのが出来ないのでスロープを付け歩きやすくすることで移動を楽にしてくれます。玄関を入ってすぐには廊下があります。廊下の幅は、80cmあれば車椅子での生活になったとしても楽に通れます。

ドアや建具の一般的な内側の寸法は60cmなので車椅子での生活など考えればこの寸法も80cm以上にすることをお勧めします。古いお宅では、こういったバリアフリーに対応していない家も多いでしょう。

ですがリフォームをすることで、バリアフリーに対応した住宅にすることは可能です。バリアフリーのためのリフォームも数多く紹介されているので、リフォームを考えている方は、こういった観点からもリフォーム計画を考えてみてはどうでしょうか。